子宮ガンの種類 子宮内膜ガン(しきゅうないまくがん) - 子宮ガン.com

子宮ガンの種類 子宮内膜ガン(しきゅうないまくがん)

子宮ガンは大きく分けると子宮頸ガン子宮体ガンです。

子宮体ガンも2種類あります。
子宮内膜ガン子宮内膜に発生する
子宮肉腫子宮筋に発生する

子宮体ガンのほとんど(95%以上)が子宮内膜ガンですので
子宮体ガンイコール子宮内膜ガンと言ってもいいでしょう。

子宮内膜ガンになる危険性は、エストロゲンの分泌が増加している
女性ほど高いことがわかっています。また、肥満、高血圧なども子宮内膜ガンにの発生に影響があるといわれています。
この他にも未経産、不妊、糖尿病の女性も子宮内膜ガンの危険因子となっています。

子宮内膜ガンの発症率は60〜70歳をピークに発生していますが、40歳前にも5%程の発生があります。

通常の検診では、子宮頸ガンしか行いませんので、危険因子を持っていたり、次の症状のある方は
子宮体ガンの検診も合わせて行った方がよいでしょう。

子宮内膜ガンの症状

不正性器出血   
性交後など、おりものに血液が混じる


子宮内膜ガンの診断

不正性器出血等の症状があってから検査をしても、
子宮内膜ガンは半数以上が早期発見という事になります。

その後治療すれば約80%は治癒すると言われています。

日頃から、気になる症状
つまり不正性器出血を見たときは、放置せずにすぐに検査を受けましょう。

2008-02-26 14:24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
高品質マカの通販は、Hot Store, Inc.

サプリメントは身体にやさしい分、ゆるやかな効果を期待して摂取すべきものとHot Store, Inc.では考えています。
1〜2ヶ月で止めてしまっては意味はありません。半年、一年と続けることがとても大切なのです。
それでは、継続的に摂取できるサプリメントなのかをどう判断するべきなのでしょうか?講座形式で学んでみましょう。

>> マカ見分け方講座はこちら
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 子宮ガン.com All Rights Reserved.