子宮ガンとは - 子宮ガン.com

子宮ガンとは

子宮ガンという言葉を聞いたことのある方は多いと思いますが、実際には子宮ガンという病名は存在しません。
子宮ガンには子宮体ガン(子宮内膜ガン、子宮体部ガン)と子宮頚ガン(子宮頸ガン、子宮頸部ガン)があるのです。
子宮がんは早期の段階で発見されれば、ほとんどが治ります。


いちばんよく見られる症状が不正出血、血性のおりもの、あるいは茶色がかったおりものがある、悪臭のするおりものがあるです。そのほかに、骨盤内や背中、足に痛みがあったり、排尿痛や排尿困難、体重減少や全身の脱力などの症状があります。 閉経後に不正出血があるときは、早めに検査を受ける必要があります。


ガンの診断、治療は急速に進歩し、いろいろな治療法が登場してきていますが、どのガンにも有効と断定できる治療法はまだありません。このため、外科治療、放射線治療、化学療法(抗がん剤治療)などいくつかの治療法を組み合わせて治療することが多いようです。治療法の組み合わせは、ガンの病期(進行の程度)や病態によって決定されます。


がんの発生要因とされている「活性酸素」を抑える物質を多く含む食品を摂ることも有効ながん予防策です。活性酸素を消去する物質としては体内で作り出される抗酸化酵素と食事等から摂取する抗酸化力のあるビタミンA・C・E・B群やポリフェノール・カロチノイド、大豆イソフラボンなどがあります。子宮がんは早期発見・早期治療が重要であり30歳を過ぎたら年に一度は定期健診を受けることが子宮ガン予防に大変重要です。
2007-08-03 20:33 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
高品質マカの通販は、Hot Store, Inc.

サプリメントは身体にやさしい分、ゆるやかな効果を期待して摂取すべきものとHot Store, Inc.では考えています。
1〜2ヶ月で止めてしまっては意味はありません。半年、一年と続けることがとても大切なのです。
それでは、継続的に摂取できるサプリメントなのかをどう判断するべきなのでしょうか?講座形式で学んでみましょう。

>> マカ見分け方講座はこちら
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 子宮ガン.com All Rights Reserved.