子宮ガン 初期症状 - 子宮ガン.com

子宮ガン 初期症状

子宮ガンの初期症状はまず第一に不正出血だといわれています。

ちょっと待ってください、出血があってからでは、1期〜2期の可能性が高くなります。

ガンの早期発見というと、0期の事を指しますが、
子宮ガンの0期には外出血はおろか痛みも、不快感も何にもありません。

子宮ガンの初期症状はなにもないのが普通なのです。

したがって、症状があってからではなく、何の症状がなくても
子宮ガンの検診を定期的に受ける事が大切なのです。

◆子宮頸ガンの主な症状
初期段階ではほとんど自覚症状がない。
進行するにつれて不正出血や性交時の接触出血などが見られるようになり、おりものの増加や下腹部に痛みを伴ってきます。


◆子宮体ガンの主な症状
不正出血や血液混じりのおりもの。
閉経期の頃月経の上がりが悪い
閉経後に不正出血がある

人によって、子宮体がんの進行状態などによって、自覚症状が無い場合もあります。

都市部では、生活パターンの変化から、比較的若い年代にも
子宮体ガンが増加していますので、未婚の女性、妊娠・出産の経験がないか、または少ない女性、動物性脂肪を好む肥満体の女性
これらに当てはまる場合は気にして定期健診をしておくことをお勧めします。
2007-08-06 03:59 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
高品質マカの通販は、Hot Store, Inc.

サプリメントは身体にやさしい分、ゆるやかな効果を期待して摂取すべきものとHot Store, Inc.では考えています。
1〜2ヶ月で止めてしまっては意味はありません。半年、一年と続けることがとても大切なのです。
それでは、継続的に摂取できるサプリメントなのかをどう判断するべきなのでしょうか?講座形式で学んでみましょう。

>> マカ見分け方講座はこちら
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 子宮ガン.com All Rights Reserved.